▼箱書きは、中身の真贋を決定する大切な要素
 古来より「軸物の箱書き」といえば、そ の箱の中に収納されている軸物の真贋(し んがん)、つまり本物かうそかを決定付け るための大切な要素として取り扱われてい ます。

 札所へのお参りの御宝印軸の場合は、真 贋の評価を受けるという内容のものではあ りませんが、札所めぐりの場合、その収納 箱に銘が入っている事は、結願の証の宝物 として、大切なことだと札所0番では考え ています。



【高野山奥の院納経所の箱書き】


 札所0番では、札所御宝印軸の箱書きとして、高野山奥の院納経所の ものをおすすめしています。表装をご依頼いただきましたお客様に、

標準でついている表装のタイプ
または
オプションでお申込みいただく表装のタイプ

ご用意しています。
 表装のタイプと箱書きについては下の表をご参照ください。


表装の種類 表装料金 箱書き
9101蓮華金蘭 47,000円(税別)~ ※オプション
9102嵯峨 55,000円(税別)~ ※オプション
9103御室 70,000円(税別)~ ※オプション
9104西陣 80,000円(税別)~ 標準添付
9105紫野 85,000円(税別)~ 標準添付
9106上西陣 120,000円(税別)~ 標準添付
9107特上西陣 200,000円(税別)~ 標準添付


※オプションで箱書きをお申込みいただく場合
 札所0番へ表装【9101蓮華金蘭・9102嵯峨・9103御室】をお申込みいただきました お客様に限り、有料オプションで箱書きの手配を承ります。

オプション箱書き料金
5,000円(消費税別・高野山往復送料込)