ホーム 白衣 納経帳 納経軸 その他 セット 遍路・巡礼のアウトドア用品 表装
タイプ別お遍路・巡礼の装備
ホーム > 歩き遍路のアウトドア用品

歩き遍路のアウトドア用品


 昨今、四国八十八ヶ所の遍路道を歩いて巡礼する、所謂「歩き遍路」が多くなりました。その昔、歩き遍路と言うと、 白装束に身を包み遍路笠をかぶって、金剛杖を片手に笈ズルを背負って足には草鞋というのが相場でしたが、昨今の 遍路道の事情を勘案すれば、それは無謀でさえ有ります。
 弘法大師のころから今に続く遍路道は、その7割がアスファルトの舗装道路となり、一部には市街地を歩く事もあるのです。 昔からの土道が舗装道路になるということは、歩き遍路にとって劇的な環境の変化なのであって、昔どおりの格好、装備で 1400kmを歩き通すことは無謀な行為です。
 今の時代には、「今の遍路道を歩くためのグッズ」を装備して望むことが大切です。



イラスト:おかだとよいち



歩き遍路の一般的なスタイル

イラスト:おかだとよいち
お遍路用品
お遍路笠
白衣
お数珠(念珠)
金剛杖
山谷(さんや)袋
※その他として、白衣姿の首から、輪袈裟を着用、山谷(さんや)袋の中には、ローソク・線香教本納め札、希望によりご朱印用品として納経軸納経帳朱印用白衣などが考えられます。
タイプ別お遍路・巡礼の装備

ウォーキング グッズ
リュック(バックパック)(25~45L程度が良)
⑥ミズノのドライベクター(通年)アイスタッチ(夏)ブレスサーモ(秋冬)などの速乾性の下着 ⑧ウエストバック(ドイター(deuter)ミズノミレー
⑩動きやすいトレッキングパンツが良。白にこだわらなくても全く問題なし、こだわる方はこちらのお遍路ズボンもあります。
⑪防水・透湿性能のあるウォーキング(トレッキング)シューズ。
札所0番スタッフおすすめは
ミズノ OD100GTX6
ミズノ ウエーブアドベンチャーBR

●雨対策   重要度★★★★★
レインスーツレインポンチョは中が蒸れなくて防水性能の高い素材のものが必要です。 コンビニなどで販売している透明の「ビニール雨合羽」は、着用して歩いていると、中がムレてベトベトに。不快であるだけでなく、汗冷えを起こして体調を損なう危険があり、お薦めできません。お遍路中は、歩くのがしんどくなったら休めばいいのですが、雨はしんどくなっても止んではくれないのです。

▼おすすめのポンチョ
ロゴス(LOGOS) レインポンチョ クライド
イスカ(ISUKA) ウルトラライト ベーシック ポンチョ
キャラバン(Caravan) エアリファイン ライト・レインポンチョ
シューズ(靴)について   重要度★★★★★
舗装道を難なく歩き続けることが出来るような屈曲性能の高いソール(底)
登山靴で歩いていらっしゃる方を時々見かけます。11番・藤井寺から12番・焼山寺までの峠越えなどはそれでいいのですが 問題は、その後21番・太龍寺以降に室戸まで延々と続く舗装道路です。そして、この舗装道路は全体の7割もあるのです。 柔らかい土道ではなく固い舗装道路を、底の硬い登山靴で歩くのは無謀ですね。やはり底が柔らかく「歩く」ことを前提に 設計されたシューズ(ウォーキングシューズ)がベスト選択です。
雨の日に、より快適に歩く事が出来るモデル
お遍路道中、晴天の中を歩き続けることは理想ですが、なかなかそうも行きません。雨天時、シューズの中に水が入りシューズ が重くなったり、不快に思えたり、湿気から来る蒸れでマメを作ってしまったり・・・。とにかく水は大敵です。そんな場合に 快適なシューズ内の環境を作ってくれるのが「ゴアテックス」という素材です。外からの水(雨)は透さず、シューズ内の水蒸気(湿気) は外に逃がしてくれる素材なのです。


③足のマメ対策   重要度★★★★★
マメ防止ムース「ボルダー スポーツ 56g入り(旧名:ディクトン)」はとても優秀なムース。お試しの価値あり。毎朝両足に使用して使用量にもよるが約30日程度は使用可能。 マメ防止には靴の中と足を乾燥させることが大切なので、歩行中2時間に一度は休憩を取って、ソックスも脱ぎ、足と靴の中を乾燥させること。ソックスは速乾性のものが良。
ボルダー スポーツ 56g入り
リュック(バックパック)について   重要度★★★★☆

歩き遍路の場合、毎日朝早くから15時位まで、少なくても7時間~9時間くらい、休みも入れながらではありますがリュックを背負って歩くことになります。 この際、一番不快(苦痛)に思えるのは重量で、その次が背中の蒸れです。昨今はリュックの構造も色々と改良されていて長時間の使用でも蒸れずに快適に 背負えるモデルが発売されています。その中の一つが ドイツのdeuter(ドイター)社のハイキング用のモデルでフューチュラシリーズです。 このモデルは標準でリュックのレインカバーも搭載していて、突然の雨でも素早く対応できます。

【おすすめ】 deuter(ドイター)フューチュラ シリーズ 20リットル~32リットルまで各種あり


ボルダー スポーツ 56g入り


歩き遍路のシューズ | 歩き遍路のソックス | 歩き遍路のレインウェア | 歩き遍路のアンダーウェア

●へんろ道実録レポート●11番・藤井寺~12番焼山寺(焼山寺へのへんろ道)【2005.05.07】
●へんろ道実録レポート●19番・立江寺~21番太龍寺(鶴林・太龍越えのへんろ道)【2007.05.02】

■四国遍路と観音巡礼の違いについて

 四国の人にとって、お遍路さんは「弘法大師の教え(真言宗仏教)の修行をされている人」と考えられています。歩いていると出くわす「お接待」や 色々な地元の方とのコミュニケーションには、その前提として「弘法大師の教え(真言宗仏教)の修行」があるのです。

 四国遍路(=修行)をするには、修行をするための格好があります。それが所謂「お遍路さんの白装束」です。よく「白装束でないとダメでしょうか」との お問い合わせをいただきますが、四国遍路は、遍路を取り巻くお四国の地元の人達も含めて、「四国遍路=修行」という認識の中へ行くことですから、 ただのアウトドアウォーキング(旅行)でないことは明らかであり、その答えは言うまでも有りません。

 一方、西国三十三所観音霊場などに代表される所謂「観音霊場への巡礼」は、もともとは四国遍路同様、修行僧の修行としてスタートしていますが、長い時代の変遷で 古寺散策を兼ねた一般民衆の旅行的な意味合いが強くなってきており、今日では、四国遍路のような「歩く修行」的な意味合いは薄れつつあります。巡礼の本来の姿で お参りされている方もごく稀なのが現状です。



■歩き遍路と野宿について

 70リットルもあるザックにテントシュラフなどを詰め込んでお遍路をされていらっしゃる若い方を時々見かけます。 四国の地を野宿しながら全行程歩くというのは、アウトドアフリークにとって魅力的であり、最高のアドベンチャーなのかも知れないですが、1200kmを超えるへんろ道は、四国の土地の人々の生活道路も兼ねていたり、 四国という土地が特に治安が特に素晴らしく良いというわけではありません。道の駅や寺院などで予め了解を得た上での設営をオススメします。またゴミ処理も大切なマナーです。食べ物やコンロなど 野宿で出したゴミはしっかり自分で管理して処理しましょう。これは、地元の、お遍路に心温かい方に対するマナーでもあります。
 また、できれば女性の場合は、へんろ宿を利用することをおすすめいたします。またへんろ宿を利用すれることで、荷物を減らすことも大切ですし、他の遍路達とのコミュニケーションも大切な修行であるとも言えなくも有りません。


●お遍路の野宿にオススメの寝袋(シュラフ)
シュラフはハイキングなどで使うもので温度的には問題ないですが、長距離の持ち運びを考えれば、少しでも軽量のものを考えたいところです。 シュラフの軽さは主に中綿の軽さによるところが大きいです。軽さで考えるとやはりダウン中綿モデルが群を抜きますが、お遍路のように長期間使い続けることを考えれば、メンテナンス的な意味で化繊綿モデルがおすすめです。


イスカ(ISUKA) ピルグリム150
●重量:470g

【3シーズン用】deuter(ドイター) エクソスフィア +2 コバルト
●重量:1010g



▼遍路の風景
よく見る田舎の生活道路。JR板東駅を降り立ったここからへんろ道が始まる。
突き当りを左へ。10分も歩けば1番札所。 【Google Map



▼遍路の風景
阿波の難所「20番・鶴林寺」。山門に立つ。山を登ってきた遍路にとって「ほっ」とするひと時でもある。 【Google Map


▼遍路の風景
日和佐の国道沿いのへんろ道から23番・薬王寺の塔を望む。 【Google Map


▼遍路の風景
23番・薬王寺から24番・最御崎寺へと向かう高知県安芸郡東洋町の海岸沿いのへんろ道
国道55号線を遥か遠くに見える室戸を目指して。



▼遍路の風景
海岸線を左に見て延々と歩き続ける。24番・最御崎寺の手前、室戸に立つ白い弘法大師像(青年大師)に出会う。高野山に向かって立っているそうだ。


▼遍路の風景
37番・岩本寺から38番・金剛福寺へと向かう海岸沿いのへんろ道。
高知県土佐清水市大岐付近、眼下に広がる大岐の浜。



▼遍路の風景
36番・青龍寺を打ち、37番・岩本寺へ向けて横波半島を歩く。眼下に広がる太平洋。


▼遍路の風景
42番・仏木寺駐車場に立ててあるへんろ道の看板。この看板が四国のへんろ道にそって点在しています。


▼遍路の風景
45番・岩屋寺の納経所にあるお接待。
44番・大宝寺から山を越えて来た歩き遍路が心温まるひととき。



▼遍路の風景
73番・出釈迦寺より我拝師山中腹にある奥の院の「捨身ヶ嶽禅定」を望む。


▼遍路の風景
75番・善通寺。弘法大師が得度した寺。


▼遍路の風景
80番・国分寺から81番・白峰寺へと向かう五色台の山沿いのへんろ道。
香川県高松市五色台白峰付近。遠く岡山に続く雄大な瀬戸大橋を望む。





情報をみんなで共有しよう: Twitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク