ホーム 白衣 納経帳 納経軸 その他 セット 遍路・巡礼のアウトドア用品 表装
タイプ別お遍路の装備 歩き遍路のアウトドア用品
ホーム > 四国八十八ヶ所お遍路ガイド > 12番・焼山寺への道(遍路ころがし)2

12番・焼山寺への道(遍路ころがし)2


11番・藤井寺の本堂の左横から始まる弘法大師・空海の歩いたへんろ(遍路)道は、次の札所の12番・焼山寺(しょうさんじ)まで山の中に続く道です。 入り口には、へんろ道保存協力会さんが作られている、お遍路さんにはお馴染みの「へんろ道看板」が立ってました。健脚5時間、 平均6時間、弱足8時間と書かれてます。
この看板の立ってる場所の薄暗さや、この横から続く道の急な勾配を見ると一瞬腰が引けてしまいます。
自分は一体何時間掛かるんだろう。 弱足か・・・、いやいや平均じゃないのか・・・健脚ってことはないな・・・
色々と考えながら、複雑な気分でスタートです。時計を見ると、時間は朝の9時丁度。


いざスタートしてみると、意外となだらかな道が続きます。うっそうと茂る木々の中をぬって5分ほど歩くと「11番・奥の院」と 書かれた碑を通過。小さな祠(ほこら)がありました。とりあえず無事にみんなが12番まで行けるように「お賽銭」を置いて、合掌。
奥の院を過ぎると、枯葉がいっぱいの「へんろころがし」と呼ばれる急斜面が待ってました。


しばらく歩きました・・・
いやいや、ちょっときつかったので「しばらく」のように思えましたが、実際は数分ってところです。
道は一段と急な斜面になってきました。
ひょっとして・・・こんな道がこの先ずっと続くの・・・
ちよっと不安になってきます。そして、呼吸も少し乱れてきます。
写真に写っているのは店長の花咲久子ですが、以外と軽い足取り。
撮影者はというと 勿論わたくし、花咲比呂志@ちょっと泣き顔です。はっきり言ってこのカメラさえも重たく感じてきました。
でも、こんな始めから泣き言を言うわけには行きません。


少し歩き続けると、体も段々と慣れてきます。そして突然、前の視界が明るくなってきます。
ん・・・ひょっとして、ち、頂上・・・
そんなわけはありません。歩き出したばかりです。
へんろ道が、舗装道路に交差します。舗装路には休憩用の木製ベンチが2、3脚置かれてます。が、 他の者が疲れていない模様。「休もう」なんて言えるはずも無く、舗装路を横切ってさらに遍路道の登山開始です。


ここからの遍路道は、岩肌が路面にむき出しになっていて、足場が悪く歩きにくくなります。特にこの日は、前の日が雨だったので 路面の状態は悪くて、所々に水溜りもある状況。

こんな道は、トレッキングシューズで踝(くるぶし)まで覆ってくれるミドルカットやハイカットモデルはデコボコした路面でも足首を守ってくれるので捻挫しにくいです。 さらにゴアテックスモデルなら、尚良し。水溜りに足を入れても大丈夫です。


足場の悪い道をしばらく歩くと、少しずつなだらかになってきます。標高は300メートルくらいか・・・。突然水飲み場が見えてきました。 でも、水はぜんぜん無し。
おまけに、看板に「これから先は柳水庵(りゅうすいあん)まで飲み水はありません。」って書かれてます。
こんな事もあるんです。まさに歩き遍路は大冒険。水だけは11番から持って上がりましょう。
途中でもう500mlのウーロン茶を飲み干していて、ネットで調べた情報でここをあてにしていた僕は、思いっきり とほほ。


飲み水のあてがはずれ・・・、でも仕方がありません。ひたすら我慢して歩きます。
このあたりまで来ると、ありがたいことに、道はわりと平坦になり坂といってもなだらかになってきました。
木々の中を通って吹いてくる風は、心地よい冷たさで、とってもすがすがしいハイキング気分になってきます。 途中に長戸庵まで1000メートル。って書かれた看板にすれ違いました。
さて、柳水庵(りゅうすいあん)までの中間で、丁度いいところにあるということで名がついたという長戸庵(ちょうどあん)まで、 あともう少しになってきしまた。


おっ、またまた「へんろ道看板」です。
左手に持ってるローソンのナイロン袋には、空っぽになったウーロン茶の500mlボトルが入ってます。
意外とこれが山歩きには邪魔なのです。やはり両手がフリーのほうがいいです。
ボトル、水筒はリュックに入れたり、引っ掛けて持ち運ぶのがベターです。


さーて、ようやく全行程の1/4、長戸庵(ちょうどあん)に到着です。所用時間は1時間15分でした。 結構サクサクと歩きましたので予定より少し早めの到着です。
一緒に歩いていた親父は、熱くて白衣を脱いでしまいました。
ここ、長戸庵で休憩しているとお遍路さんが上がってきました。HP掲載を許可いただいてお二人とも撮影です。