ホーム 白衣 納経帳 納経軸 その他 セット 遍路・巡礼のアウトドア用品 表装
ホーム > 西国三十三所 > 西国三十三所めぐりドライブ 和歌山コース


西国三十三所めぐりドライブ 和歌山コース



和歌山コース 1泊2日で3ヶ寺参拝
大阪の吹田JCTと滋賀の草津JCTを起点として、和歌山県の第1番・青岸渡寺、第2番・紀三井寺、第3番・粉河寺の3ヶ寺を1泊2日でドライブ巡礼するコース。
この和歌山コースは、西国三十三所巡礼の中でもお寺の間隔が長く、ある意味では難所とも言える。第3番・粉河寺の後、第4番、第5番もそんなに遠くないが、長距離の運転の疲れも考えて別の機会が良。時期的には3月~5月がおすすめ。那智勝浦で春の鰹が旬で美味しい季節。


参拝順路
高速道路 吹田JCT(草津JCT) ⇒ 第1番・青岸渡寺 ⇒ 第2番・紀三井寺 ⇒ 第3番・粉河寺 ⇒ 高速道路 吹田JCT(草津JCT)

その他の西国三十三所めぐりドライブコース


【1】 吹田JCT⇒⇒⇒第1番・青岸渡寺

吹田JCTから那智勝浦の第1番・青岸渡寺までは、googlemapによれば257kmのドライブ。流石にノンストップで行くには辛い。少し早目の休憩なら岸和田サービスエリア紀ノ川サービスエリア、もう少し走って御坊の先の印南サービスエリア辺りが休憩には良いかも。

【1】 草津JCT⇒⇒⇒第1番・青岸渡寺

京都・滋賀方面からのアクセスは新名神経由でこちらのルートが速いようだ。草津JCTから那智勝浦の第1番・青岸渡寺までは、googlemapによれば232kmのドライブ。こちらのコースでは、伊勢神宮への参拝もオプションで入れられる。



第1番・青岸渡寺の駐車場情報




那智勝浦の宿泊情報




【2】 第1番・青岸渡寺⇒⇒⇒第2番・紀三井寺

那智勝浦の第1番・青岸渡寺から和歌山市の第2番・紀三井寺までは、googlemapによれば164kmのドライブとなっている。休憩するとすれば、印南サービスエリアが丁度良い。



第2番・紀三井寺の駐車場情報




【3】 第2番・紀三井寺⇒⇒⇒第3番・粉河寺

第2番・紀三井寺をお参りして、第3番・粉河寺までは、googlemapでは33.4kmのドライブ。お昼ご飯の場所が気になるところでもある。googlemapのデフォルトでは京奈和自動車道(無料区間) 経由が選択されているが、食事を考えれば、下の方の県道13号線経由がおすすめ、途中にファミレス、ラーメン店などの食事処あり。



第3番・粉河寺の駐車場情報




【4】 第3番・粉河寺⇒⇒⇒吹田JCT

第3番・粉河寺をお参りしたあと、第4番・施福寺が気になるが、施福寺は、西国巡礼の中でも難所中の難所であり、粉河寺のあと行くのは辛いと思われ今回のコースからは省いた。第5番・藤井寺もそんなに遠くはないが、やはり長距離運転のコースなので、お参りは次回に回す。
粉河寺の後は京奈和自動車道から阪和自動車道を経由して最短時間で帰ろう。


【4】 第3番・粉河寺⇒⇒⇒草津JCT

第3番・粉河寺をお参りしたあと、京都・滋賀方面の方は、草津JCTまでは、googlemapによれば135kmのドライブ。途中の久御山JCTで分岐あり、京都市内の方は直進、京都府北部方面へは、久御山JCTから京滋バイパスを経て京都縦貫自動車道へと繋がる。



折角行くんだから、御朱印をいただいてみよう!
西国三十三所めぐりでは、3種類の用品に御朱印をいただくことができます。折角だから、いただいてみましょう。
・白衣(はくえ、おいずる)への御朱印・・・200円/寺
・納経帳(のうきょうちょう:西国三十三所専用のご朱印帳)への御朱印・・・300円/寺
・納経軸(のうきょうじく)への御朱印・・・500円/寺